雨、雨、雨・・・・

もう、何日も太陽を見ていないような・・・・
台風が過ぎて、雨も上がるかと思いましたが、山陰の上空にはまた雨雲が居座っているようです。
Mikiからは「いい天気だよ~」とメールが来ました。
もうドロドロのユニフォームを洗濯する心配もないし、雨の日に家でまったりは決して嫌いではありませんが、洗濯物だけはお日様にあてて乾かしたいものです。


a0005083_10464888.jpgそんな中、出雲市と姉妹都市交流を結んでいるアメリカ・サンタクララ市から、短期ホームステイ交流の高校生・シック君が親戚(母の実家)にやってきました。
ちょうどホームステイ期間内に、祖母の法事があり、これも日本文化だからと、シック君も親戚一同とともに法事に参列することに。
ごえんげさん(真宗のお寺の住職さんのことをこう呼んでいます)のお経や説教の間中、シック君もきちんと正座していたと、母が感激していました。
写真は、法事の翌日、ホストファミリーと、泊まっていた従妹一家、叔母夫妻と記念撮影。

この日、石見銀山に行きたいという叔母夫妻に、ヒマな母と私が案内役を買って出ました。
石見銀山に行く前に、志津見ダムの建設現場小豆原埋没林公園に寄り道。埋没林を見た叔母はその発見のドラマに興味津々でした。

さて、世界遺産登録が決まって、今、いちばん旬の観光地「石見銀山」。
いくら世界遺産といっても、この雨だから・・・・という私たちの予想は見事にはずれ、土砂降りの雨にもかかわらず、大勢の観光客でいっっぱいでした。
もちろん2箇所の駐車場も満車です。

でも、そこはなにしろ母と一緒なので・・・「ここがあいとーがね」の鶴の一声で、五百羅漢の前の、どこかの倉庫の横の空き地に・・・・・・^^;

お昼は朝日庵で。
雨に濡れて体が冷えていたので、温かい山掛けそばをいただきました。
生山葵が一本丸ごと添えてあって、写真を撮りたくて仕方がありませんでしたが、叔母たちの手前、説明するのがめんどくさくて諦めました(T_T)
本当は間歩の方まで行きたかったのですが、雨の中、バス待ちの行列ができていたので、今回は諦めて資料館だけ見学して帰ることに。
大森から、関西方面からは3つのルートがありますが、山陰道経由で帰るというので、最後に多岐の「蒼」に案内しました。大荒れの日本海を眺めながらの、デザートセットは山陰ならではデス(^.^)
Commented by machanm1 at 2007-07-16 21:10
そちらも雨が残ってますか、こちらも台風一過とはいきませんね。
案内お疲れ様でした。埋没林へ行かれましたか。
あの異空間には感激しました。近くならまた行きたいです。
funochanさんが羨ましい。多岐の「蒼」?何やら美味しい匂いです。
Commented by funochan at 2007-07-19 12:53
ほんとに、ザーザー、ザーザーよく降りましたね。
やっと昨日から青空が見えるようになって、ほっとしました。
埋没林、無理やり連れて行きました。
どうしても見てほしくって。
貸切状態で、たっぷり浸ってきましたよ。

さすが、マッチさん、いい感です。
蒼はこちらで紹介しています。
http://funochan.exblog.jp/4706332
http://tabemonoya.exblog.jp/5702247
今度、こちらに来られたときは、ご一緒しましょうね。
by funochan | 2007-07-16 11:46 | Comments(2)