ぜんざいロール

昨日は演劇鑑賞会の例会でした。
今回は劇団東京ヴォードビルショーの「アパッチ砦の攻防」
出演は佐藤B作さん、角野卓造さん、あめくみちこさんほか
一足先に、土曜日のソワレで観劇した叔母が「面白かったよ~」とわざわざ電話してきたほど。
期待に違わず、笑いっぱなしの2時間でした。

場所が大社のうらら館だったので、観劇の前に神門通りにある「ポンム ベエル」でランチ。
ランチもさることながら、スイーツの「ぜんざいロール」に心奪われました。
友達がオーダーしたわらびもち&いもようかんも美味しそうでした。
a0005083_22425319.jpg

a0005083_224258100.jpg


美味しいランチとスイーツ、友とのおしゃべり、楽しい演劇、
こんな日は生きててよかった♪と思います。
by funochan | 2011-06-06 22:46 | お出かけ | Comments(4)

十二人の怒れる男たち

a0005083_21152758.jpg
いずも演劇鑑賞会の例会で『十二人の怒れる男たち』を観ました。
蒸し暑い夏の日の午後。無作為に選ばれた十二人の陪審員は、少年の父親殺しという容疑に、有罪(=死刑)の評決を下そうとしていた。ゆるぎようもないと思われた“罪”に対し、一人の男が疑問を投げかける「もし、我々が間違っていたらどうしますか?」陪審室の空気は一変し、男たちの議論は白熱していく・・・・・・・。

一つのテーブルの周りで繰り広げられる、個性豊かな12人の男達の言葉の応酬。
最後まで「有罪」を言い張るのは誰なのか・・・
論理的に「有罪」を主張する陪審員○号が、どうやって「無罪」に変わるのか・・・
舞台転換も休憩もない2時間でしたが、一言も聞き漏らすまいと集中する客席と、それに応えて熱演してくださった俳優さんたちとが一体になった、素晴らしい舞台でした。

運営担当だったから、よけいに思い入れが強いのかもしれません。
役割は今回もアナウンス。
袖で待っているとき、出番を待つ俳優さんを間近に見ることができました。
やっぱり、すごいオーラがあります。

a0005083_21243210.jpg
写真は、5時半に起きて作った「お通し」の『生姜ご飯』のおむすび。
この日はある研修で一日ウェルシティに缶詰の予定だったので、安請け合いしたことを後悔していましたが、なんとかお届けできて安堵しました。

こんな田舎の片隅で、こんなお芝居が観られるのも、鑑賞会のおかげです。
なんとかして退会に歯止めをかけなくては・・・・
by funochan | 2009-10-15 21:54 | favorite | Comments(2)

a0005083_2264943.jpg演劇鑑賞会の例会で前田美波里主演の「ステッピングアウト」を観てきました。
美波里さんが舞台に出てくると、あまりのスタイルの良さに会場からどよめきがおきたほど。
すっごく長いんです、足が。
衣装が何度変わったでしょうか。何を着てもピタリと決まっています。
もちろんダンスもステキ!!ついつい座席でタップを真似ている私が・・・^_^;
最後のダンスショーは圧巻でした。
それまで暗いダンス教室で下手な生徒役を演じていた俳優さんたちが、
一転して水を得た魚のように華やかなステージ。
まるでブロードウェイ?というのは言いすぎですが、一瞬、ここが出雲だということを忘れて、華やいだ気分になれました。

a0005083_2273759.jpg次の例会は、文学座の『踏台』。
渡辺徹や角野卓造が出演するコメディです。
新春早々、演劇で大笑いできるなんていい年になるかも。
渡辺徹や角野卓造が『人生と呼べる人生』で来雲したときは、ちょうどワールドカップの予選で岡野がゴールを決めた翌日の公演でした。
サッカー大好きという渡辺徹は深夜までテレビの前で大声で応援しすぎて、声が全然出てませんでしたが、あれからもう10年になるのねぇ~
by funochan | 2006-11-16 22:26 | favorite | Comments(0)