母の日には紫陽花


母の日といえばまっさきに思い浮かぶのはカーネーションですが、カーネーションに飽きた母たちのために紫陽花やバラ、ランなどを選ぶ人も増えているとか。
そんな中、お勧めなのが万華鏡という名の紫陽花。

a0005083_21024620.jpg

万華鏡は、島根県農業技術センターが育成した島根県オリジナル品種。
中心の色から縁の白色に向かってグラデーションになっていて、万華鏡のように見えるのが特徴です。平成24年に、花き新品種コンテスト「ジャパンフラワーセレクション2012-2013」の鉢物部門で「フラワー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)」に輝きました。
25年・26年は出荷数が少なく、入手が困難でしたが、昨年あたりから市場にも出回りはじめています。
母の日は、ハハとイモウトと3人でランチが定番でしたが、今年はなかなかタイミングが合わず、イモウトは平日の休暇に二人でランチに行くことになり、ワタシは万華鏡を贈ることにしました。
といっても、一つ屋根の下にいるわけですから、自分のために買ったようなものですけど。

a0005083_21025568.jpg

ムスコが昨年の母の日にプレゼントしてくれたのが、幸福の木。
薬草×美活プロジェクトがなんとか成果を上げることができたのも、幸福の木のおかげだったかもしれません。
ところが、新年早々、仕事が忙しすぎて2カ月くらい水遣りもせずに放置。
3月になって、ハッと気が付いて土を見るとカラッカラに乾いていたので、あわてて水をやったのがいけませんでした。見る見るうちに葉が枯れてきたのです。近所の園芸店で見てもらったところ、急に水をやったためにびっくりしてしまったとのことでした。枯れた葉は容赦なく切り落とされ、こんな姿に。


a0005083_21030124.jpg


運がよければ、夏には新しい芽が出るから、週に1回、コップ1杯程度の水遣りをするように言われ、今のところなんとか忘れずに頑張っています。


a0005083_21033173.jpg

毎週、少しずつ、芽が成長しているような気がするのですが・・・。

by funochan | 2016-05-07 22:13 | うれしい | Comments(4)

a0005083_1175755.jpg



a0005083_118371.jpg


民宿*ひなた*に、かわいい4人のお嬢さんをお迎えしました^m^

a0005083_118104.jpg


前日の大掃除に疲れ、パンを焼く気力もなく、ぺパンで買ってきたので、なんの変哲もないモーニングですが、ケチャップは「ハレの日」の和田裕子さんに出来立てをいただいた超レアもの。そして、おまけにブルーベリージャムも、たまたま、数日前に、ハハがブルーベリー狩りに行って持って帰ったブル―ベリーで作った自家製です。

ガールズ+ムスコは、お昼にお蕎麦を食べてから、ムスコの友達が住む香川へ向かいました。
台風、大丈夫かな?
by funochan | 2013-09-16 01:32 | おいしい | Comments(4)

3月のとある日曜日、ハハが留守だったので、オットと二人で「ふかたに荘」へ行ってみることに。
稗原から山越えしてR54に出、また山の中の狭~いくねくね道を行くこと5分?
3人も入ると満員の小さな浴槽で、空きができるまで少し待ちましたが、とてもいいお湯でした。
a0005083_17211230.jpg
a0005083_1721308.jpg


待っている間、漬け物は食べ放題!
お食事どころがあって、お風呂上がりに美味しいお蕎麦もいただけます。
a0005083_17214735.jpg

お蕎麦の写真撮り忘れてました。
by funochan | 2010-04-18 10:25 | お出かけ | Comments(2)

ベスト4進出ならず

大社は1年前から準備をしてきたチーム。
トシ、シンゴ、マルチャン以外は3年生だけあって、選手権にかける気迫が違いましたね。
対するこちらは総体後の若いチーム。

2点、3点、4点と失点を重ねるとだんだん声も出なくなった選手たちを、きょうも大勢駆けつけてくれた3年生が、フェンス越しに励まし続けてくれました。

このままでは終われないヤマ高イレブン。
後半30分ごろ、Kouから右サイドのシブチャンにパス、ヨネがシブチャンからのパスに右足を一閃してゴールし、魂の一撃を決めました。

が、その後また手痛い1失点。
結局1-5で大社の前に力尽きました。
負けはある程度覚悟していたヾ(ーー )ォィものの、予想以上の点差がついた戦いぶりに選手達見るも気の毒なほど凹んでいましたが、この悔しさをバネに、新人戦でがんばりましょう

3年生保護者のSさん夫妻、Iさん、Tさんほか、応援にきてくださった皆様、ありがとうございました。

地元の2校の対戦とあって、きょうはたまたまオフと重なったくにびきボーイズ3年生の顔も見えました。うーん、どうせなら昨日の試合をみてほしかったなぁ(^^ゞ
Nくん、Tくん、Eくん、来年待ってるよ(^^)v
裕太郎パパやNさんも、久しぶりのお会いできてうれしかったです。

さぁ、2年生のみなさん、明日は進研模試ですよ~

あぁ、明後日は保護者面談だった・・・・
by funochan | 2006-11-05 20:59 | サッカー | Comments(6)

選手権ベスト8

a0005083_21403688.jpg
a0005083_21404838.jpg
a0005083_21405976.jpg


選手権1回戦、対益田東。
前半早い時間にポンポンと2点入れられてしまいました。
地区予選では、10-0とか5-1という大味な試合しかしていないヤマ高イレブンはこれでもう立ち直れないかも・・・
と思っていたら、だんだん流れがこっちに来て、ごっちゃんのゴールで1点差。

2-1で折り返し、後半、この調子ならいけると思っていたのも束の間、相手ゴール前の混戦からコロコロコロとボールが入ってしまい、またしても2点差。

ソウヘイパパの「2点差なら大丈夫」という言葉を信じて、祈るような気持ちで応援していたら、ソウヘイくんが3点目をゲット。

そして、やっと怪我から復活して、途中交替のヨネが期待に応えるゴール。

後半30分にはマコちゃんが抜け出して逆転ゴール。

そのあとの10分をなんとか凌いで試合終了。

号泣していた益田東の選手たちには気の毒だけど、 うちの子達にこんな力があったなんて。
もう保護者席は狂喜乱舞でした。

今日は3年生や4年生(鷹の沢1年生ともいう)が応援に駆けつけてくれて、下を向きそうになる選手たちをずっと鼓舞し続けていました。
選手たちにとってすごく大きな力になったと思います。ありがとう。
by funochan | 2006-11-04 21:58 | サッカー | Comments(0)

a0005083_17244543.jpg
昨日が抽選日だったのでsportsonlineにUPされるのを今か今かと待っていました。
もう、何度クリックしたことか(^^ゞ
組み合わせ
初戦の相手は益田東
会場は浜山補助。
11月4日12:00キックオフです。
応援に行きましょう。
by funochan | 2006-10-31 17:25 | サッカー | Comments(2)

祝 のじぎく国体出場

肝心なことを書き忘れていました。

明後日開幕するのじぎく兵庫国体、サッカー少年の部にヤマ高サッカー部副キャプテンの佐倉悠介くんが出場します。
1回戦は10月1日13時30分から大分県選抜と。
健闘を祈ります。

昨日古志コミュニティセンターの前を通りかかったら丸ちゃんの横断幕がかかっていました。
サッピにも作ってあげればよかったなぁ~と思いましたが、今更なので・・・
a0005083_22183977.jpg

by funochan | 2006-09-28 22:26 | サッカー | Comments(2)

YAMACHORUS

YAMACHORUSは島根県立出雲高校コーラス部の愛称です
先日行われた第45回中国合唱コンクールで中国大会金賞・岡山県教育長賞受賞を受賞し、 全国大会出場を決めました。
(*^ー^)/゚・:*【祝】*:・゚\(^ー^*)
保護者の方から、いろいろと苦労話を聞いていたので、ほんとにうれしいです。
by funochan | 2006-09-26 12:51 | Comments(2)

出雲の水害

佐田町冒険クラブの舞台である佐田町でも被害は甚大です。
ISHIさんが、被害の模様を冒険クラブのブログにUPされました。
ぜひご覧ください。

水美しい神戸川 流れるまちに朝夕を~♪(塩冶小)
流れさやかな神戸川~♪(二中)
と歌って大きくなりました。
きっと、歌詞は違えど流域の小中学生はみんなそうでしょう。

小学生のころ、おばあちゃんちに泊まりに行っては、
神戸川で泳いでいました。
 いえ、ほんとは泳げません。浮き輪で浮いていただけです^_^;
 その大事な浮き輪を流してしまって、
 近所のお兄ちゃんに拾ってもらいました。

大人になってからは、冒険クラブでのキャンプや川遊び思い出。

神戸川に育まれてきました。
どうか安全な川になりますように。
by funochan | 2006-07-28 12:40 | Comments(2)

出雲市所原の水害

今回の豪雨で、出雲市所原町にある母の実家が床上50センチくらいの浸水の被害に遭いました。
表と座敷と茶の間の畳と襖を挙げるのが精一杯だったとか。
写真は、従兄弟の娘が二階に避難していたときに撮っていたものです。
右の風景と比べるどこまで水がきたか分かっていただけるでしょうか。
a0005083_20374878.jpga0005083_2038654.jpg

















a0005083_20382241.jpga0005083_20383518.jpg
















被災した日から親戚が入れ替わり立ち替わり、昨日はボランティアさんにも来てもらって片づけています。
もう捨てる物はほとんど捨てて、あとは乾くのを待つばかり。

「今日、何か仕事があれば行くけど」伯母にと尋ねると、「特にないけど見学がてらおいでよ」と言うので、カメラを持ってのこのこ出かけて行ました。

写真を撮ったあとは、申し訳程度に周り縁のサッシと桟を拭きましたが、拭いても拭いてもこびりついた泥が取れなくて疲れました。
一日だけでこの始末ですから、伯母たちの疲労もかなりたまっていることでしょう。
a0005083_20423889.jpg

あとはお天気待ち
a0005083_2114941.jpg

床の間の掛け軸の下に水の跡がくっきり
a0005083_212387.jpg

生け垣も浸水したところは色が変わっています。
by funochan | 2006-07-23 21:07 | Comments(11)