フォトLesson

古志古民家塾では、ほぼ月一ペースで、雑貨やフードの one day shop が開かれています。
若いお母さんが主催なので、いつも平日で諦めていたのですが、今回は、Photo Lesson のワークショップがあって、思い切って午後から休暇をとって参加してみました。
一昨年、ムスコと共同出資で一眼レフを買ったものの、全然思うように写真が撮れなくて悔しい思いをしていたのと、仕事でもいいご縁ができればいいなぁという下心もあり・・・。
a0005083_21231078.jpg

今まで、カメラの基本も知らずに、カメラ任せの写真を撮っていたので、光の種類とか、露出・絞り・シャッタースピードの、基本の基本をわかりやすく教えていただいて、まさに目からウロコでした。

講義のあとはさっそく撮影会。
これこれ、手前の山法師の白い花にピントがあって背景がぼんやりしている、こんな写真が撮りたかったんです。
a0005083_21235220.jpg
今まで何度となく撮ってきた古民家塾も、一味違います。
a0005083_21240108.jpg

ほら、今日のランチやスイーツもなんて美味しそう!!
a0005083_21240981.jpg
a0005083_21250375.jpg
出店者の皆さんの作品も、厚かましく撮らせていただきました。
a0005083_21242564.jpg

a0005083_21243174.jpg
a0005083_21244113.jpg
最後にはプロカメラマンに撮影していただくというおまけつき。
なんだか照れますが、こんなナチュラルな写真を撮ってくださいました。
a0005083_21233570.jpg

写真っていいね。家族っていいね。出雲っていいね。
この想いを共有できるように夫婦で楽しみながら発信していきたいという岡垣さんご夫妻。

ナチュラルで、ゆるやかで、心があたたくなるような写真はお二人の人柄そのままでした。
今日は楽しい時間をありがとうございます。
a0005083_22021369.jpg
編み物講座の課題が終わるまでは・・・と自粛していたブログですが、こんなにステキな写真が撮れたので、つい、掟を破ってしまいました^m^

by funochan | 2014-05-30 22:24 | たのしい | Comments(2)

エコの作法

BS朝日で3月7日(金)に放送の「エコの作法祈る×火」に古志古民家塾登場です。
薪ストーブ、かまど、囲炉裏、五右衛門風呂、古民家塾の持つ火の魅力が余すところなく伝えられる・・・と思います。
ぜひご覧ください。






by funochan | 2014-03-04 21:29 | 古志古民家塾 | Comments(0)

今年もお正月早々から古志古民家塾に入り浸っています。
今の仕事をリタイアしたら、パートのおばさんとして江角アトリエに雇ってもらうための布石です^m^

そんな古民家塾で、心がほっこり温まるイベントが開かれました。
今回は縁あって青森と東京からのお客様をお迎えに出雲空港へ。
島根は初めてとおっしゃる青森のシロトさんは、出雲平野に点在する家々の瓦屋根に感激のご様子。
雪の多い青森ではこんな瓦屋根は珍しいそうで、車内ではひとしきり瓦談議で盛り上がりました。
途中でyumiさまをピックアップして、放水路にかかる橋を渡って古志へ向かいます。

a0005083_20350354.jpg

古民家塾の玄関ではナチュラルでエレガントなアレンジがお客様をお出迎え。
東京で花のアトリエ「ブランディーユ」を主宰されているフローラルアーチスト、落合恵美さんの作品です。
恵美さんのアレンジは会場内にいくつか飾られていて、一足先に春がやってきたような華やいだ空間になっていました。
透明感のある水彩画で描かれたような恵美さんのやさしい色使いのアレンジに、ご覧になるみなさんの表情も、より和んだようでした。

a0005083_20360031.jpg
台所では、畑の料理人 渡部有加さんの黒豆ごはんがちょうど炊きあがったところでした。
以前にも一度食べさせてもらったことがあるのですが、おむすびにすると、黒豆の甘みがギュッと詰まって一層おいしいのです。
恵美さんのお花で心が和み、有加さんのごはんでお腹も満たされて、いよいよ、純さんのライブが始まりました。
a0005083_20363364.jpg
200年の時を刻む古民家塾の空間に純さんの声がのびやかに響きます。

東京からIターンの純さん、
ご両親の実家が出雲市内という恵美さん、
Uターンのyumiさま・・・
三人とも東京では世田谷にお住まいでした。
世田谷のどこかですれ違っていたかもしれない3人が、この日このとき、ここで出会う・・・・
見えない糸に導かれて、きっとまたすてきな化学変化がおきそうな気がします。

世田谷といえば、今回、東京からいらした久保里砂子さんも、世田谷の商店街の「まちゼミ」の指導をなさっています。
久保さんは街の元気づくりコーディネーターとして、青森・東京・松江を拠点にして全国各地の商店街や地域を飛び回っておられます。
島根では現在、江津駅前再生を支援していらっしゃるのですが、このたび、出雲のサポートもしていただくことになりそうです。
久保さん、純さんとのご縁の始まりは『いずも女子Departures(出発)GATE1』でした。
あれから1年余りでこんな展開になるなんて・・・
恐る恐る、思い切って参加したあのときのワタシを褒めてやりたい気分です。

今回、久保さんのコーディネートで島根に視察にいらした青森のシロトさんと、久保さん、yumiさまは初対面なのにすっかり気が合い、ライブの後、「おもひで屋」に移動して青森談議、県民性談議に花が咲きました。
そして、いったんyumiさまをマンションに送り届けたあと、もう一人青森からのお客様と合流して、「のどぐろ日本海」で「のどぐろの塩焼き」をはじめ日本海の海の幸に舌鼓を打ちながらおしゃべりもはずみ、出雲の夜は楽しくふけていったのでした。

by funochan | 2014-02-13 15:39 | 古志古民家塾 | Comments(0)

江角アトリエ住宅展にて

江角アトリエの住宅展で、出西窯の創始者・多々納弘光氏が講話をされるというので、yumiさまをお誘いしました。
yumiさまが、先日、出西窯を訪ねられ、「お店の2階で多々納さんが出演しているビデオを見て、伝えたいことがあふれていて、かっこいいなと思いました。」と、ブログに書いていらしたからです。
こんなタイミングで多々納氏のお話が聴けるなんてラッキーでしたね。

民芸に心血を注いで来られた多々納氏のお話はとても興味深いものでした。

写真は、講話のあと、多々納氏に熱心に質問するyumiさまと、それを見守る江角センセイ。
a0005083_12205756.jpg

by funochan | 2013-07-01 12:33 | 古志古民家塾 | Comments(6)

手づくり展終了しました

母がパッチワークを始めてから、20年余り・・・
いつしか、押入れにはタペストリーとかばんがぎっしり。
こうして展示してみると、なかなか壮観です。

a0005083_21154631.jpg


a0005083_21162245.jpg


a0005083_21204199.jpg



販売もしたいと言い出して、開催を決めてから、せっせと小物を作っていました。
お友達から委託されたものもあって、結構な品数になりました。

a0005083_21164165.jpg


ハハには、個展ということにしてありますが、ワタシの心の中では「ひなた展」なので、4畳半の書斎はワタシとイモウトのスペースにしました。
ささやかながらワタシのコーナー。

チラシを作ったころには全然イメージが湧かなくて写真も載せられませんでしたが、直前になって、そうだ!マフラーがあったとひらめきました。
ホビーラホビーレやフェリシモのキットとか、広瀬広治さんのワークショップで作ったもの、アヴリルの毛糸を使った指編みのマフラー・・・かき集めれば5本ほどあります。
押入れの黒い板戸が背景にピッタリで、なんだか素敵なコーナーになったと自画自賛。
a0005083_21163992.jpg


こちらはイモウトのコーナー。
カントリー小物から始まって、トールペイント、木工を経て、今は洋服作りに夢中です。
写真を撮り忘れましたが、反対側にはベンチもあります。
a0005083_083780.jpg



この日のために、春から豆やタケノコや蕗をせっせと冷凍していました。

a0005083_2118276.jpg


オープンと同時にたくさんの方が来てくださいました。
a0005083_21183931.jpg


イモウトに「ひなた」のロゴ入りのエプロンを作ってもらいました。
a0005083_21185375.jpg


Tシャツは群言堂の根々ブランドの we are here Tシャツの色違いにしました。
渋い色合いがお気に入りです。
a0005083_085725.jpg



パウンドケーキ、18センチを二日間で10本焼きましたが、全然足りませんでした。
a0005083_2123522.jpg


おかげさまで無事に終了しました。
おいでいただいた皆様、本当にありがとうございます。
a0005083_2119525.jpg


西宮に住む娘からおばあちゃんへお祝いのアレンジ・・・ということにしておこう^m^
a0005083_010151.jpg

by funochan | 2012-09-17 22:16 | アトリエひなた | Comments(2)

手づくり展

a0005083_22432477.jpg

母がこつこつ作りためてきたパッチワークのタペストリーやかばん、樹脂粘土の花々の作品展を、9月15日・16日の二日間、古志古民家塾で開催します。

「あとりえひなた」はまだまだ妄想の域を出ませんが、古志古民家塾で二日間だけ、カフェごっこを楽しみたいと思っています。

お近くの方はぜひお出かけください。
by funochan | 2012-09-14 22:47 | アトリエひなた | Comments(2)

a0005083_17275231.jpga0005083_17433879.jpg









a0005083_17282519.jpga0005083_17435713.jpg









手慣れた手つきで薪をくべる塾長
お手製の薫製機をレクチャーするK氏
多彩な顔ぶれ
お風呂をわかす姿もすっかり板に付いている塾長
by funochan | 2006-02-26 17:35 | 久徴会 | Comments(2)