他郷阿部家に泊まろう

世界遺産の町、大森にある阿部家は230年前に建てられた武家屋敷です。
30年余り空き家になって荒れ果てていた屋敷を、群言堂のオーナー松場登美さんが買い取り、2001年から13年間の歳月をかけ、4回にわたって改修を施されました。
古いものをただ甦らせるわけではなく、 登美さんの手でデザインされ、ため息が出るほど素敵な空間に生まれ変わっています。

たとえばガラス。古いガラスを集めてパッチワークのよう。
a0005083_22394913.jpg


浴室のガラス戸はステンドグラスをはめ込んで。
a0005083_2232476.jpg


竹があしらわれた斬新な窓にびっくり。
a0005083_22323964.jpg



2008年からは登美さんご自身がお住いになりながら「暮らす宿他郷阿部家」として運営なさっています。
中国に
人生にはいくつかの大きな喜びがある。
その一つは、異郷の地で自分のふるさとに出合ったように、まるで実家のように迎えられたときだ
という意味の「他郷遇故知」(ターシャーイーグージー)という言葉があって、ここから「他郷」の名前をつけられたとのこと。
あのベニシアさんが泊まられた宿でもあります。

今回は不思議なご縁で実現した女子9人の他郷阿部家に泊まろうツアー。
手入れの行き届いた凛とした佇まいの中にも温かく包み込まれるような気配が感じられる建物。
心のこもったおもてなしに、選りすぐりの材料を使って丁寧に作られたお料理。
癒され、満たされ・・・夢見心地の一晩を過ごしてきました。

では、その全貌をご覧いただきましょう。

玄関へ続くエントランス
期待感で胸がいっぱいでした。
a0005083_2228476.jpg


どこを切り取っても絵になりますが、いちばんの見どころはやはり台所。

笑顔がすてきなおかみ見習いの大河内さん。
a0005083_22302496.jpg


丁寧な料理を作るための昔ながらの道具も手入れが行き届いて。
自らを凡典座と名乗る小野寺さん。
a0005083_2231122.jpg


梅酒でしょうか。
保存食品の瓶が並んでいる光景は丁寧な暮らしの象徴ですね。
いつか・・・ワタシもと思いながら、そんな日はきっとこないだろうな~
a0005083_22311114.jpg


かごにも心惹かれます。
a0005083_2248986.jpg


浴室へ続く通路にはオブジェのように掃除道具が飾られています。
a0005083_2232924.jpg


脱衣場は土壁があらわになっていて、郷愁を誘います。
a0005083_22323365.jpg


タオルは群言堂オリジナル。
a0005083_22323659.jpg


こんな贅沢なお風呂をタイミングよくひとり占めできました。
a0005083_22324318.jpg


黒柿の箪笥に目を奪われます。
藍のファブリックを使ったソファー、お持ち帰りしたい~
a0005083_22332815.jpg


図書室の一角。
ここで日がな一日編み物できたらどんなに幸せでしょう。
a0005083_234813.jpg


洗面所も風情たっぷり。
a0005083_2233793.jpg


ベニシアさんの手づくり?
a0005083_22331711.jpg


5人が泊まれる和室
風呂敷包みの中は群言堂オリジナルのくつろぎ着。
着心地の良さはいうまでもありません。
a0005083_22333913.jpg


ベニシアさんが泊まられた茶室。
パッチワークの窓はこちらのお部屋です。
a0005083_2233429.jpg



立派な梁に見守られて、安心感に包まれる洋間
a0005083_2362490.jpg


a0005083_2363587.jpg


最後の改修で設けられたBar。
デザートはBarでいただきました。
a0005083_2371999.jpg


a0005083_237386.jpg


2年前、年に数回の公開日にランチに伺って館内を見学させていただき、こんな素敵なところにいつか泊まれたらいいな~と思っていました。

このたび、「他郷阿部家に泊まろうツアー」に参加したのは、ほとんど初対面の方々でした。

昨年オープンしたichiを会場に、スーパー県職員N氏がヨル活トークライブというイベントを毎月開催してくださっています。
4月のゲスト、群言堂広報の三浦類さんから他郷阿部家のお話を伺い、以前から阿部家に泊まってみたかったというHさんが発起人となり、その場で「他郷阿部家に泊まろう」企画が立ち上がりました。
9人集まれば貸切になって宿泊料もお得になるというのです。
fbのイベントで参加者を募ったところ、多彩なメンバーが集まりました。
初対面の方も何人かいらして、人見知りのワタシはちょっとためらいもありましたが、阿部家の魅力の前にはそんなことは言ってられません。
人生、明日、何が起こるかわからないからやりたいことをやらなくちゃ・・・がHさんのモットーでしたから。

ichiオープンには産みの苦しみを味わいましたし、オープンしたからの運営にも気力も労力も使いました。
おかげさまで多方面からそれなりの評価はいただきましたが、今回のツアーは行ってみると「頑張ったね」と神様からのご褒美のような気分を味わうことができました。
軌道にのったichiは後輩に仕事を譲り、新年度はまた新規の仕事に携わることになりました。
重荷に押しつぶされそうだったけど、阿部家でエネルギーをチャージできたので、心新たに頑張れそうです。

お料理編に続く?
# by funochan | 2015-06-12 20:00 | たのしい | Comments(3)

薬草で美活

山菜といえばテンプラ。
子どもたちが小学生の頃、佐田町冒険クラブで春になると山菜テンプラ会が開かれ、メンバーの皆さんが採ってきてくださった山菜を美味しい美味しいと食べていました。
あれから20年、その山菜でこんなに頭を痛めることになろうとは・・・
というのも、薬草で商品を作り全国展開に結び付けようというプロジェクトを携わることになったから。

a0005083_2123353.jpg


薬草、薬草・・・と悶々としていたときに見つけた正食クッキングスクールの公開料理教室「春を軽やかに過ごすためのBeauty野草教室」の案内。
大阪までの旅費、宿泊費・・・と葛藤すること数日。
現状を打破するためには行くしかないという思いが勝りました。
a0005083_20595537.jpg

薬草・野草料理を教えてくださるのは薬剤師の資格もお持ちのR先生。

薬草スムージーがウェルカムドリンク
a0005083_2104755.jpg

カキドオシ・ヨモギ・クズの新芽を使います。

参加者の皆さんで分担してできたのがこちらのプレート。
ノビルのフリッター
芽吹き野草のバーニャカウダソース添え
a0005083_214277.jpg


竹の子ごはん
※竹の子は茹でずにオーブンで丸焼き
a0005083_2141355.jpg


デザートはスギナクッキーとツクシのキャラメリゼ
タンポポコーヒー
a0005083_21451.jpg


こうしてみると野草もおしゃれ感いっぱいです。
都会から生活に疲れた女子が出雲にやってきてこんなおしゃれな薬草プレートを食べてデトックス&リラックス・・・なんてね。

公開料理教室から帰って数日後、いよいよ「いずも薬草女子(仮)」始動です。
a0005083_2144960.jpg


a0005083_2152594.jpg


a0005083_2153725.jpg


どうなることやら・・・
# by funochan | 2015-04-30 21:40 | 仕事 | Comments(0)

一昨年からスタートしたヴォーグの棒針編み入門講座。
最初はなかなかコツがつかめず、苦手意識のあった棒針編みですが、作品が仕上がるたびに楽しいと思えるようになりました。

〇アラン模様のバッグ
〇横糸渡しの編みこみ模様で編むトナカイト雪柄のダブル仕立てのマフラー
〇交差模様のベスト
a0005083_2353318.jpg

〇ノット編みのレッグウォーマー
a0005083_2365352.jpg


やっとyumi先生から入門コースの修了証書をいただくことができたので、編みたかったストールにチャレンジ。
糸は憧れのNOROクレヨンです。
さんざん迷ってこの色に決めました。
a0005083_236588.jpg


10玉使い切りました。幅は70センチ、長さ230あります。10号の針で編んだので、柔らかいです。
a0005083_2364117.jpg


今年の春はなかなか暖かくならないのでもうしばらく重宝しそうです。
a0005083_2362234.jpg

# by funochan | 2015-04-13 23:54 | アトリエひなた | Comments(4)

上質の米と水が豊富な出雲地方には美味しいお酒があります。
a0005083_11355075.jpg


出雲の商店街の中にある、旭日酒造さんの酒蔵を見学させていただきました。

まずはお酒の原料になる酒米の精米から。
a0005083_20141517.jpg


次に案内していただいたのは醪のタンク
酒母、麹、蒸米、仕込み水を専用のタンクで発酵しているところです。
a0005083_20392489.jpg


シュワシュワと泡だっていて、あぁ美味しいお酒になるために頑張っているんだな~と愛おしくなります。
ほのかにお酒の香りもしています。
a0005083_20143760.jpg


今年は役目の終わった麹室も見せていただきました。
a0005083_20145592.jpg


ひしゃくも種類によって分けられています。
a0005083_2123419.jpg


おまちかねのお酒の飲み比べ。
副杜氏のエリコさんが持っているのは純米あまくちにごり
そのほか、純米吟醸生しぼり、純米吟醸出雲だより、純米生酛加水、純米吟醸原酒の4種類を飲み比べ。
a0005083_2015887.jpg


a0005083_2015582.jpg

a0005083_2016171.jpg


燗酒も昔ながらの方法で。 
a0005083_20154787.jpg


飲むほどに、日本酒談義に花が咲きます。

最後にアンケートを書いていただきます。
みなさん大満足でした。
a0005083_2016382.jpg

# by funochan | 2015-03-28 21:43 | たのしい | Comments(2)

a0005083_20241396.jpg

我が家の東側にはこんな畑が広がっていました。
ワタシの愛車の駐車場でもあり、物干し場でもありました。
実はこの土地はウチのものではなくて、ワタシが生まれる前から借りていた土地でした。

a0005083_20242691.jpg

斜線部分に、2階建てのアパートが建つことになりました。
数年前に下水道工事が完了したときから、恐れていたことがついに現実になってしまったのです。

a0005083_20223273.jpg

朝、お弁当を作りながら、「ちょっと緑が足りないな~」と思うと、
ササッとブロッコリーやピーマンを摘んでこれたのに・・・
取り残したブロッコリーの花が郷愁を誘います。
a0005083_20214751.jpg



a0005083_20225465.jpg


a0005083_2023145.jpg

ホトケノザやオオイヌノフグリも、根こそぎはぎとられる運命です。

上の写真を撮った翌日には変り果てた風景が広がっていました。
a0005083_20232655.jpg

# by funochan | 2015-03-22 20:49 | メモ | Comments(2)

居酒屋和さび

今年度は新しい事業が3つもあって忙しかったのなんの。
それだけ充実していたといえばそうなのだけれど
何かとたまったものは吐き出さなきゃ・・・
というわけで、オットが飲み会で遅くなるという日を狙って、後輩女子と二人で毒吐きに。
昨年オープンして以来、超人気でなかなか予約の取れない和さびです。
a0005083_20551651.jpg

トマトのおでんが人気メニューらしいです。

a0005083_205594.jpg

ただのトマトと思いきや、中にはひき肉がたっぷり。

a0005083_2055260.jpg

ひらまさの兜焼き

a0005083_20545668.jpg

箸置きもワサビです。

a0005083_20553228.jpg
〆はまさかのカルボナーラ。
人気なのがうなずけるリーズナブルで美味しいお料理でした。
美味しいものを食べて、言いたいことを言ったおかげでかなりすっきり。
お酒も充実していますが、オットの迎えがあったのでドライゼロだったのが残念。

# by funochan | 2015-03-18 21:03 | おいしい | Comments(2)

仕事にかこつけて、ブティックで試着し放題させてもらいました。

2年前から制服が廃止になり、仕事服は黒かグレーのスーツがほとんど。
休日もナチュラルカラーのニットやチュニックばかり。
なので、思い切ってビビッドカラーを着てみました。

a0005083_081419.jpg


フェイスブックに写真を上げたら、余りの反応の多さにびっくり!

意外に、なりたいワタシかも。

「年を取ると派手な色を着たくなる」という説もありますが・・・・

仕事というのはこれ。
a0005083_0595119.jpg


まちゼミ出雲の中で、私のイチオシ講座です。
# by funochan | 2015-03-08 00:47 | たのしい | Comments(4)

松江のリストランテ無我でランチ。
古い旅館を改装された趣のある建物でいただく美味しいイタリアン。
長年の夢が一つ叶いました(*^_^*)
a0005083_20194424.jpg


アンティパスト(前菜)
a0005083_20192961.jpg


パスタ
a0005083_20193781.jpg


ドルチェ
a0005083_20195117.jpg


ランチの後で向かったのはこちら
yumi先生と松江教室の生徒さんたちが開かれた「花咲くニット展」。
a0005083_20303462.jpg


会場となった清光院下のギャラリーも一度行ってみたかった素敵な場所です。
一足先に百花繚乱の春でした。

一緒に行ったエミさんが、ワークショップでお花のブローチにチャレンジして、素敵な作品が出来上がりました。
29期編み物同好会のメンバーが一人、また一人と増えています。
# by funochan | 2015-03-01 20:40 | おいしい | Comments(4)

島根県は「運は一瞬、縁は一生」というキャッチコピーで、平成25年度から島根県の「ご縁」に着目した情報発信キャンペーンを展開しています
a0005083_13315266.jpg


このポスターを見つけたときは「えっ!!」と思いました。

おいしまね たのしまね うれしまね・・・・って、
まさしくワタシのブログのタイトルじゃないですか。

職場にず~っと前から貼ってあって、昨年、ブログ10周年のネタにしようと思って写真を撮っていたのが、11年にやっと日の目を見ることができました。

やっぱり、人生の基本は美味しい、楽しい、嬉しいですよね。

とはいえ、そうでないことの方がずっと多くて・・・・・・
fbで、ときどき、まったく構えていないときの写真が上がっていることがあって、なんて不機嫌そうなんだろうと、自己嫌悪。
やさしい顔になりたいな~
a0005083_2064143.jpg



昨年、ブログに投稿しなかったのは、忙しかったからだけではなくて、ワタシの記事なんて何の意味もないんじゃないかという思いに囚われていたせいでもありました。
でも、先日ある方のお話を聞いて、ホームページやブログを始めたころの「子育ての楽しさを伝えたい」「島根で、出雲で、こんな楽しい暮らしもできることを伝えたい」とういう気持ちを思い出しました。
そして、くも膜下出血で検索してこられる方には、発見と処置が早ければ、こんなに元気になれるのだということもお伝えできれば・・・・
なので、また、ボチボチと投稿を復活したいと思います。

ところが、OCNがホームページサービスを打ち切ることになり、ワタシの原点であるF's House は2月28日をもって終了することになりました。

どこかに移行することも考えましたが、ムスメもムスコももう立派な?社会人だし、ワタシに万一のことがあったときのことを考えると、これも終活の一つと思い、なりゆきにまかせて消滅することにしました。

少年サッカー時代からお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。

親子読書会さくらんぼ 出雲南FC~全国大会への道 佐田町冒険クラブ
どれもかけがえのない思い出です。

それぞれからベストショットを1枚選んでみました。
a0005083_1421281.jpg


a0005083_14162859.jpg
ショウちゃんは昨年11月にパパになりました。サッピは4月から県中でインターン。
みんなそれぞれの人生を歩んでいます。


a0005083_14212927.jpg


夜な夜な、パソコンに向かって、悪戦苦闘しながらページを作っていたのに、今やSNS全盛期。
どこまでついていけるでしょうか・・・
# by funochan | 2015-02-22 20:08 | ごあいさつ | Comments(6)

くも膜下出血から4年経ちました。
a0005083_14490014.jpg
先週、1年ぶりに手術していただいた大学病院を受診しました。
MRIの予約を取るためです。
診察室に入ると、主治医の先生が、
「あれから4年?全然変わらないね~」
と嬉しいお言葉を掛けてくださいました。
MRIは4月になりましたが、
頭の中もそうであってほしいものです。
a0005083_14174046.jpg
仕事と編み物と、その他いろいろ・・・に追われていて、
ブログに手が回りませんが、
変わらず、元気に過ごしています。
上の写真は、鳥居節子さんデザインの
スカラップストール。
フワフワのモヘアで1メートルくらい鎖を編んで、
長編みの松編みを編むと、
花びらをつなげたようなストールになります。
それをぐるぐる巻くと、
写真のようにバラの花のできあがり。
コサージュにしようと思ったのですが、
一度つけてみたら、ちょっと大きすぎました。

a0005083_14172698.jpg
もう少し落ち着いたら、昨年の出来事を、
まとめてUPしたいな~と思っていますが、
はたして、そんな日が来るのか・・・

4年前、受験生だったメイッコが、
当時の私の担当看護師だった、
看護師1年生のCちゃんの大学の後輩となり、
今春からが大学病院に勤務することになりました。

とりあえず、ご報告まで。

# by funochan | 2015-02-15 15:19 | くも膜下出血 | Comments(4)