里山の秋

珍しくオットがお出かけしようと言い出しました。
昨日、浜田くんだりまで、おじさま・おばさまたちのお供で出かけた私はヘトヘトに疲れ、今日はおうちでまったりしていたかったのですが、こんなことは1年に1回あるかないかなので、しぶしぶながら出かけることに。

目的は観光プルーン農園。
知らずに出かけましたが、今日は今季最終日ということで入園料が無料でした。ラッキー(^^)v
a0005083_2045586.jpg
a0005083_204685.jpg


ついでにちょっと足を伸ばして稗原ダムへ
a0005083_20465090.jpg


稗原運動公園からプルーン農園に向かう道の両側には、こんなハデバがそこここに。
天日干しのお米はさぞかし美味しいことでしょう。
a0005083_20483545.jpg
a0005083_20484550.jpg


山の中にはこんな立派なアプローチのあるお宅が・・・
ハハもワタシも興味シンシン。
a0005083_20521866.jpg
a0005083_20551936.jpg

大きな栗の木も。
a0005083_20554482.jpg


しぶしぶ出かけたにしては、しっかりネタを探してます(^m^)
by funochan | 2009-09-27 20:58 | お出かけ | Comments(4)

深まる秋

a0005083_2393712.jpg
朝、縁側のサッシを開けるとあま~い香。
目をこらすともうこんなに咲いています。

遅い朝食を片付け、掃除機をかけて、何気なくHNKにチャンネルを替えると、画面いっぱいに広がる槍ヶ岳に釘付けになりました。

登山家の田部井淳子さんと、登山歴はあまりなさそうな男性が槍のてっぺんで彩雲を仰いでいます。
田部井さん曰く「こんな光景を見ると人生なんでもウェルカムだよね」
もしかしたら、わたしの「ま、い~か」の原点は31年前の槍ヶ岳にあるのかも~

これ何?と思い新聞で確かめると『夏の北アルプス あぁ絶景!雲上のアドベンチャー』という番組で、「夏の北アルプスを山頂から山頂へと3週間かけて歩く大縦走。難ルートに登山歴1年の内多アナウンサーと登山の達人・田部井淳子が挑む。笑いあり涙ありの大冒険」とのこと。

これで終わりかと思ったら、ジャンダルムへ向かうらしい。

a0005083_23353250.jpg大キレットは手に汗握る臨場感あふれる映像。
「あ、浮石」と見ているだけでも緊張していまいました。
数々の難所を乗り越え、ついにジャンダルムの頂点へ。
思いがけず、槍~ジャンダルムの縦走を疑似体験しました。
こんな険しい道をカメラを担いで歩くなんて神業としか思えません。

70歳でまだまだ現役の田部井さんもすごいですね。
近くの里山ぐらい頑張ってみようかな~

写真は番組とは関係ありません^^;大学3年のとき、部員二人の某女子大山岳部の夏合宿。背景は剣です。多分
by funochan | 2009-09-23 23:32 | favorite | Comments(13)

シルバーウイーク

a0005083_20182094.jpg
紆余曲折を経て、シルバーウイークもやっぱり西宮へ・・・
ほかに行くところはないんでしょうかね~まったく。

お昼までに着けばいいから、出発は7時くらい・・・と思っていたのに、
待てがない(←多分出雲弁。でもほかに表現がみつかりません^^;)夫のおかげで5時半発。

中国縦貫に入ってから、夫は流石に早く着きすぎると思ったのか、
「どっかいいとこないかや」と言うものの、
三田のアウトレットもだまし絵展をやってる兵庫県立美術館も却下され・・・
「じゃあ、姫路城」と言ったときには、加西IC直前。
あわてて、加西でいったん高速をおり、Uターンして福崎ジャンクションから播但道へ。

姫路城、甘く見てました。
さすが世界遺産。
すごい人出で、天守閣に上がるにも長蛇の列でした。
時間が気になりますが、せっかく来たのだからと登ってきましたぁ。

思いがけない寄り道のせいで、Kouのアパートに着いたのは12時半。
おばあちゃんが孫のためにと作ってもたしてくれた炊き込みご飯のおむすびを食べて、Kouは大学へ。
Kouが帰ってくるのを待って出かけた先は「名湯宝の湯」
源泉もあってなかなかいいお湯でした。

翌日は娘も合流していちばんの目的のマリンピア神戸へ。
都会はどこに行っても、すごい人ですね~
ランチ食べるのに30分も並びました。
田舎者には暮らしていけません。

最後は、娘のマンションの近くにあるパティシエ・エイジ・ニッタ で念願の「西北ロール」を買って帰路に着きました。
縦貫道を東進する車は渋滞で動かないのを眺めながら、西へ向かってはスイスイ。
4時間で帰りました。
by funochan | 2009-09-23 20:19 | お出かけ | Comments(2)

青空に映える白鷺城

a0005083_9342590.jpg

突然ですがこんなところに
by funochan | 2009-09-21 09:34 | お出かけ | Comments(1)

秋晴れの裏大山

a0005083_7222887.jpg

蒜山SAより。やっぱりいつもより車が多いです。
by funochan | 2009-09-21 07:22 | お出かけ | Comments(0)

朝焼けの簸川野

a0005083_5415715.jpg

南神立橋より
by funochan | 2009-09-21 05:41 | Comments(0)

豪農屋敷

母に誘われて、原鹿の豪農屋敷で開催されている「2009手づくり作品展in豪農屋敷」に行ってきました。
敬老の日のプレゼント何がいい?と訪ねたら、ここで展示即売されているベストを所望されたので。
母の樹脂粘土の作品も出品していて、昨日仲良しさんたちと見に行ったときに見つけたそうです。
一緒に行った妹と私的には、なんだかなぁ~(^_^;)でしたが、本人が気に入ってるなら「ま、いっかぁ~」です。

作品展は入場無料、裂き織りのテーブルセンターやバッグ、手編みのパッチワークや小物、陶芸やちぎり絵、刺し子、樹脂粘土で作った山野草・野の花などが展示されていて、明日の4時までです。
よかったらお出かけください。

a0005083_21301199.jpg
a0005083_21302661.jpg
a0005083_21303447.jpg
a0005083_21304368.jpg
a0005083_21305676.jpg



午後、夫の実家にお墓参りに行ったら、稲刈りの真っ最中でした。
a0005083_2146208.jpg


農家の皆さんはシルバーウイークだからといって浮かれてばかりもいられませんね。
我が家も、猫の額ほどの田んぼがありますが、人様にお任せしているので、
明日から、渋滞に巻き込まれに行ってきます。
by funochan | 2009-09-20 21:44 | お出かけ | Comments(6)

野葡萄に魅せられて

こっそり愛読していたnonisaku-hanaさんのブログで紹介されている野葡萄の美しさに引き寄せられて、hanaさんとご対面。
秘密の場所を教えてもらい、さっそく手に入れてきました。
a0005083_21244664.jpg
道ばたのすぐに手が届くところに自生しています。
a0005083_22172542.jpg
あれこれ試してみました。
a0005083_21294732.jpg
それにしても、この色の妙。フェリシモの500色の色えんぴつについ手を出してしまいそうです。
by funochan | 2009-09-16 21:37 | 季節のうつろい | Comments(7)

古民家塾の秋

2ヵ月ぶりに訪れた古民家塾はすっかり秋の気配でした。
a0005083_21415793.jpg
初夏には真っ白な花が咲くヤマボウシには真っ赤な実が鈴なり。
a0005083_21421713.jpg
ホトトギスも今が盛りです。
by funochan | 2009-09-16 21:30 | 古志古民家塾 | Comments(12)

ザ・リッツ・カールトン

私には一生ご縁のなさそうなこのホテルの名前をはじめて目にしたのは、一時期愛読していた「ボス・・・書く・・・徒然」の記事。
その後、タイミングよくテレビや、美容院でしか読めない『家庭画報』で見かけるようになり・・・
昨年はJC主催で元営業統括支配人の林田正光さんの「林田流、お客様感動を生み出す本当の仕事のしかた」という講演が市民会館であり、リアルで聴きたかったけど、どうしても行けなかったので、あとでケーブルテレビで見ました。

2年前の夏にはリッツ・カールトン大阪の向かいのホテルに泊まったので、Kouがオープンキャンパスに行っている間に、一人でこっそりリッツ・カールトン大阪を探検したところ、挙動不審に思われたのか、ボーイさんに声をけられ、そそくさとホテルをあとにした思い出も・・・・

そんなリッツ・カールトンが東京にもでき、先日さるお方がお泊りになったので、お土産をおねだりしました。
目にもまばゆいチョコレート。
とても美味しゅうございました。
a0005083_2143129.jpg

by funochan | 2009-09-08 23:20 | おいしい | Comments(3)