出西窯

炎の祭が始まりました。
近年まれに見る人出です。
a0005083_23383820.jpg

八寸のお皿が欲しかったのですが、見ているうちにいつのまにか5人分のご飯茶碗を手にとっていました。
それぞれに味わいがあります。
さて、ワタシのはどれでしょうか?

More
by funochan | 2010-11-22 00:02 | favorite | Comments(5)

『RAILWAYS』

職権を濫用して『RAILWAYS』の試写会に行ってきました。
a0005083_22332337.jpg


心に染みるいい映画です。
ボスだちと一緒じゃなかったらきっと泣いてました。

ストーリーもいいですが、画面いっぱいに広がる宍道湖や出雲平野もたまりません。
都会で暮らしている出雲人にはぜひ見ていただきたいです。
主題歌はあの超大物歌手の書き下ろしです。

というわけで、ムスメとムスコに送ろうと、前売り券を買ったらこんな記念品が付いていました。
a0005083_223425.jpg

by funochan | 2010-02-14 20:59 | favorite | Comments(0)

十二人の怒れる男たち

a0005083_21152758.jpg
いずも演劇鑑賞会の例会で『十二人の怒れる男たち』を観ました。
蒸し暑い夏の日の午後。無作為に選ばれた十二人の陪審員は、少年の父親殺しという容疑に、有罪(=死刑)の評決を下そうとしていた。ゆるぎようもないと思われた“罪”に対し、一人の男が疑問を投げかける「もし、我々が間違っていたらどうしますか?」陪審室の空気は一変し、男たちの議論は白熱していく・・・・・・・。

一つのテーブルの周りで繰り広げられる、個性豊かな12人の男達の言葉の応酬。
最後まで「有罪」を言い張るのは誰なのか・・・
論理的に「有罪」を主張する陪審員○号が、どうやって「無罪」に変わるのか・・・
舞台転換も休憩もない2時間でしたが、一言も聞き漏らすまいと集中する客席と、それに応えて熱演してくださった俳優さんたちとが一体になった、素晴らしい舞台でした。

運営担当だったから、よけいに思い入れが強いのかもしれません。
役割は今回もアナウンス。
袖で待っているとき、出番を待つ俳優さんを間近に見ることができました。
やっぱり、すごいオーラがあります。

a0005083_21243210.jpg
写真は、5時半に起きて作った「お通し」の『生姜ご飯』のおむすび。
この日はある研修で一日ウェルシティに缶詰の予定だったので、安請け合いしたことを後悔していましたが、なんとかお届けできて安堵しました。

こんな田舎の片隅で、こんなお芝居が観られるのも、鑑賞会のおかげです。
なんとかして退会に歯止めをかけなくては・・・・
by funochan | 2009-10-15 21:54 | favorite | Comments(2)

深まる秋

a0005083_2393712.jpg
朝、縁側のサッシを開けるとあま~い香。
目をこらすともうこんなに咲いています。

遅い朝食を片付け、掃除機をかけて、何気なくHNKにチャンネルを替えると、画面いっぱいに広がる槍ヶ岳に釘付けになりました。

登山家の田部井淳子さんと、登山歴はあまりなさそうな男性が槍のてっぺんで彩雲を仰いでいます。
田部井さん曰く「こんな光景を見ると人生なんでもウェルカムだよね」
もしかしたら、わたしの「ま、い~か」の原点は31年前の槍ヶ岳にあるのかも~

これ何?と思い新聞で確かめると『夏の北アルプス あぁ絶景!雲上のアドベンチャー』という番組で、「夏の北アルプスを山頂から山頂へと3週間かけて歩く大縦走。難ルートに登山歴1年の内多アナウンサーと登山の達人・田部井淳子が挑む。笑いあり涙ありの大冒険」とのこと。

これで終わりかと思ったら、ジャンダルムへ向かうらしい。

a0005083_23353250.jpg大キレットは手に汗握る臨場感あふれる映像。
「あ、浮石」と見ているだけでも緊張していまいました。
数々の難所を乗り越え、ついにジャンダルムの頂点へ。
思いがけず、槍~ジャンダルムの縦走を疑似体験しました。
こんな険しい道をカメラを担いで歩くなんて神業としか思えません。

70歳でまだまだ現役の田部井さんもすごいですね。
近くの里山ぐらい頑張ってみようかな~

写真は番組とは関係ありません^^;大学3年のとき、部員二人の某女子大山岳部の夏合宿。背景は剣です。多分
by funochan | 2009-09-23 23:32 | favorite | Comments(13)

坂の上の雲

a0005083_1553599.jpg

毎年、お正月には大河ドラマの原作を読むことにしていますが、今年は、スペシャルドラマの放送に備えて、こちらを。
一歩進んで二歩下がり・・、世界史は苦手だったのでなかなか前に進みませんが、平和な日本に生まれた幸せをつくづくと噛みしめています。
不況でいろいろ大変なこともありますが・・・
それにしても、司馬遼太郎さんてすごい方ですね~。
by funochan | 2009-02-07 14:31 | favorite | Comments(0)

a0005083_22442240.jpg

買うつもりなんかなかったのに・・・・
上から、母、息子、娘です。
kouの眼鏡をみているうちに、欲求を抑えられなくなりました。
衝動買いってやつです。
昨日仕上がってきたので、今日、職場デビューしました。
評判は上々で気分はルンルン>ふるっ
by funochan | 2007-01-24 22:45 | favorite | Comments(2)

a0005083_2264943.jpg演劇鑑賞会の例会で前田美波里主演の「ステッピングアウト」を観てきました。
美波里さんが舞台に出てくると、あまりのスタイルの良さに会場からどよめきがおきたほど。
すっごく長いんです、足が。
衣装が何度変わったでしょうか。何を着てもピタリと決まっています。
もちろんダンスもステキ!!ついつい座席でタップを真似ている私が・・・^_^;
最後のダンスショーは圧巻でした。
それまで暗いダンス教室で下手な生徒役を演じていた俳優さんたちが、
一転して水を得た魚のように華やかなステージ。
まるでブロードウェイ?というのは言いすぎですが、一瞬、ここが出雲だということを忘れて、華やいだ気分になれました。

a0005083_2273759.jpg次の例会は、文学座の『踏台』。
渡辺徹や角野卓造が出演するコメディです。
新春早々、演劇で大笑いできるなんていい年になるかも。
渡辺徹や角野卓造が『人生と呼べる人生』で来雲したときは、ちょうどワールドカップの予選で岡野がゴールを決めた翌日の公演でした。
サッカー大好きという渡辺徹は深夜までテレビの前で大声で応援しすぎて、声が全然出てませんでしたが、あれからもう10年になるのねぇ~
by funochan | 2006-11-16 22:26 | favorite | Comments(0)

と き 11月26日(土)・27日(日) 10:00~17:00
ところ ウッディカリノ SHOP内

◇販売◇
  手作り木工品、
  トールペイント雑貨
  パッチワーク小物
  ビーズ
  ドライフラワークラフト
  カントリードール
  カントリー雑貨

◇参加者◇
  ぴっと
  カントリー工房あんぐる
  Ribbon 
  LITTLEHEART 
  ウッディカリノ
by funochan | 2005-11-02 18:36 | favorite | Comments(0)

小屋原温泉

a0005083_2011596.jpg


詳しくはこちら

こちらも、友達からの口コミで聞いて、ずーっと行きたいと思っていた温泉です。
職場のオネイサンたちに話したら一緒に行きたいというので、江津の研修の帰りに寄り道することにしました。

途中、ちょっと迷いながらもなんとか無事に到着。
さあ、どんな温泉が待っているでしょうか。
by funochan | 2005-09-04 20:11 | favorite | Comments(0)

つみきの汽車

a0005083_215213.jpg子どもたちが小さかった頃、プラスチックよりは木のぬくもりが感じられるおもちゃを・・・
と思いつつ、いいものは値段もいいので、ふだんは手が出せません。
Kouの1歳の誕生日にはちょっと奮発して、河合のブロック汽車を買いました。
といっても、本人はまだ分けが分からず、母親の趣味を押し付けただけですけどねー

今は飾り棚の奥に眠っていますが、先週の日曜日に従妹が小さい子どもをつれて遊びに来たので、久しぶりに日の目を見ました。

けっこう喜んで嘗め回してました^^;

帰った後で、仕舞おうと思ったら原型がちっとも思い出せない・・・
そこで、ふとひらめいてネットで探したら、ちゃ~んと写真が載っていたので、無事に元の姿に戻ることができました。
ネットってありがたいわー
by funochan | 2004-05-16 21:53 | favorite | Comments(0)