カテゴリ:お出かけ( 74 )

ふるーるの丘

初秋の澄み切った青空を見ていたら、無性に大山に行きたくなりました。
昨年の夏、定休日で入れなかったカフェがあったのも思い出し・・・
a0005083_22324417.jpg
目的はここ、アイノピアの別荘地の一画にある「カフェふるーるの丘」。
溝口インターで下りてみるくの里をめざし、
「こさじいち」を左手に見てペンション村に向かい、
最初の四つ角を右に曲がりしばらくいくと、突然、目の前に現れます。
a0005083_22330963.jpg
おとぎ話の挿絵のような外観です。
a0005083_22331520.jpg
窓から覗くのは妖精でしょうか。

a0005083_22341698.jpg
なにもかもが可愛いです。
a0005083_22342273.jpg
こんなさわやかな日はテラスでランチをいただきましょう。
a0005083_22342786.jpg
お食事はスープランチのみ。
いちばん似合わない人と一緒でしたが、
同世代のご夫婦がほかにもいらして安心しました。

a0005083_23031240.jpg
お庭を散策しました。
a0005083_22344496.jpg
きのこのおうち?
a0005083_22345310.jpg
ランチの後は天空リフトで大山中腹の展望台へ。
a0005083_22361822.jpg
隠岐の島も見える・・・?
a0005083_22352979.jpg
マツムシソウが盛りでした。

by funochan | 2014-09-14 23:22 | お出かけ | Comments(0)

a0005083_22093229.jpg
綱町三井倶楽部は大正2年、三井家の迎賓館として鹿鳴館の設計者としてし知られる ジョサイア・コンドル博士の設計によって建てられ、西洋建築の傑作といわれています。
a0005083_22133921.jpg

現在は三井グループの会員制倶楽部として使われていて、会員の紹介がないと中に入ることはできません。このたび某社長さんのおかげでそんな特別な場所でランチをいただきました。
a0005083_22145666.jpg
ランチの後は支配人が館内を案内してくださいました。
まず、ホールの吹き抜けのステンドグラスのドーム。
a0005083_22102749.jpg

ロダンの彫刻がさりげなく置かれています。
a0005083_22105448.jpg
よく見るとロダンのサインが。
a0005083_22110136.jpg

階段の踊り場にもステンドグラス。
a0005083_22110950.jpg
a0005083_22111716.jpg
a0005083_22114039.jpg
バルコニーから見た洋風の庭。
a0005083_22113355.jpg
シャンデリアも各部屋ごとに趣向が凝らされています。
a0005083_22114725.jpg
a0005083_22112329.jpg
圧巻のワインセラー。
a0005083_22121623.jpg
広大な和風の庭園も手入れが行き届いています。
a0005083_22133189.jpg
100年の歴史を持つ建物を堪能した後は、オープンしたばかりの虎ノ門ヒルズ。
カメラに入りきりません。
a0005083_22254239.jpg
52階からの眺望。
a0005083_22130732.jpg
a0005083_22131235.jpg
a0005083_22131981.jpg





by funochan | 2014-06-18 22:29 | お出かけ | Comments(2)

buis

お花って、
プレゼントするのも
いただくのも嬉しいものですよね。
a0005083_22400928.jpg
新しい人生を歩むことになったお友達に。


お願いしたのは、
昨年の9月にオープンしたお花屋さん、
buis(ビュイ)さんです。

場所は高瀬川沿いの八雲公園のお隣り。
一見、雑貨屋さん?
と思うような素敵なお店。



a0005083_14153649.jpg

そして、契約社員さんのお別れに。

a0005083_22400861.jpg

これは、「Cafe ことん」のオープンのお祝いに。


春はお別れやお祝いや、お花に出会う機会が増えますね。
by funochan | 2014-03-17 22:52 | お出かけ | Comments(2)

悦ちゃん農園

こんにゃく作りの後は、
あの中田英寿氏も訪れたことのある、
悦ちゃんの田んぼを見せていただきました。
よその田んぼの農薬の影響を受けないように、
棚田のてっぺんにあります。
a0005083_22344072.jpg
裏山に登ると、真っ青な空が広がり、心が洗われるようでした。
a0005083_22345935.jpg
悦ちゃんのお米は、この広い田んぼで、農薬を使わずに作られています。
a0005083_22331127.jpg
悦ちゃんは、田んぼが愛おしくてたまらない様子で
説明してくださいました。
a0005083_22332152.jpg
美味しいお米の理由の一つがこの湧水。
a0005083_22332557.jpg
美味しい♪
a0005083_22333225.jpg
湧水の周りには、わさびがたくさん生えています。
a0005083_22393546.jpg
農業のこと、環境のこと、食のこと・・・
農家に生まれた者として、
いろいろなことを考えさせられた一日でした。


by funochan | 2014-03-15 23:18 | お出かけ | Comments(0)

塩飽屋

塩飽屋は江戸時代から明治時代にかけて北前船の船宿として栄え、
瀬戸内・塩飽諸島の塩を売って財をなした船主の邸宅です。
ずっと空き家になっていたのを、
一昨年の夏から貸しギャラリーとして運営されています。

久しぶりに何も予定のない日曜日、
ハハに頼まれた決算申告書の入力が午前中に余裕で終わったので、
午後は前から行きたかった「ぎゃらりーしわく屋」にハハと行ってみました。
2月の週末はずっと出ずっぱりだったので、
たまにはハハのご機嫌もとっておかないと(^_^;)

日御碕の手前から鵜鷺に向かう道は、
以前、オットの運転で通ったことがあるのに、
自分の運転で行くと「道を間違えたか?」と思うほど感じました。

a0005083_17074945.jpg

左手にこんな景色が見えたら、右手に駐車場があります。

a0005083_17080414.jpg

2メートル先の少し先の路地を曲がると、しわく屋の看板が風に揺れています。

a0005083_17080878.jpg

玄関土間の天井。
かまどの煙を屋外に排出する煙出しが、下から見られる貴重な天井です。

a0005083_17091928.jpg


三間続きの座敷は、当時の繁栄が偲ばれます。
この日は「ギャラリー茄子の花」さんの展示でした。
a0005083_17090700.jpg

床の間に飾られていた天神さんは
「ギャラリーしわく屋」を運営する渡部さんの家に、
明治時代から伝わるものだとか。

a0005083_17082812.jpg

奥の庭にはこんな立派な松が鎮座していました。
盆栽がそのまま大きくなったような珍しい幹です。


a0005083_19215121.jpg

手焼きのお煎餅でもてなしてくださいます。

a0005083_17081130.jpg


素朴な味・・・と思っていたら、こんな道具に流し込んで炭火で焼くのだそうです。
材料は小麦粉と卵と砂糖のみ。
混ぜるのが大変とおっしゃっていました。


by funochan | 2014-03-04 21:12 | お出かけ | Comments(0)

おでかけ三昧

ワタシは「でべそ」(出雲弁で出たがり、外出好きな人)だと誤解されているようですが、
決してそんなことはございません^m^
単身赴任のオットが帰ってくる週末にはできるだけ予定を入れないようにして、
おうちでまったりとテレビ観賞に耽っています。

が、先週末は久々にオットが帰らない週末。
待っていましたとばかりにお出かけ三昧の二日間でした。

まずは、ハハのごきげんとりも兼ねてM邸by江角アトリエのオープンハウスへ。
お隣の公園が借景になる素敵なお住まいに、リフォーム熱が再燃してしまいました。
しかし、坪60万・・・
加えて設計監理料と解体費・・・
私の退職金だけではとても賄いきれません。
かといって、オットの退職金は老後の貯えに残しておかないとだし・・・
あと○年で○○○○万円、貯まるのか・・・^_^;

夕方からはこちらのライブへ。

そして翌日、朝8時に出発して向かった先は松江城大茶会。
独身時代、近所のお教室に通っていた不昧流不昧会の薄茶をいただいてきました。

その後、カラコロ広場のBOOK在月へ。
以前から気になっていた一箱古本市というのが、松江で開催されるので、行きたくて行きたくて・・・
よっぽど出店を申し込もうかと思ったほど。

a0005083_12403097.jpg

美味しそうな本を手にするyumiさま。

お出かけにはかなりのエネルギーを消耗しますが、
BOOK在月の雰囲気も堪能し、お目当てのシホちゃんやルイちゃんにも会えて、
頑張っておでかけした甲斐がありました。

この後、思いがけず、yumiさまの松江のお友達に「ふくしま珈琲」にお誘いいただき、
いつか行きたいと思っていた念願も叶いました。
a0005083_1248289.jpg
 

a0005083_12484392.jpg


蔵を改装した趣のある空間でいただいたホットサンドセットも美味しく、充実した一日でした。
by funochan | 2013-10-09 23:29 | お出かけ | Comments(2)

命主社

a0005083_5554151.jpg

報祝祭に参列した5月18日、結婚式で賑わう「北島さん」を横目で見て、「そういえば、明日は27回目の結婚記念日・・・(私たちの式は千家さんでしたが)」と思いながら、直会の大きな荷物を下げて汗をかきかき向かった先は、出雲大社の境外摂社の命主社。

a0005083_5462930.jpg


正式には、神魂伊能知奴志神社(かみむすひいのちぬしのかみのやしろ)といって、大国主神が八十神から焼石の御難にあわれたとき、蚶貝比売命、蛤貝比売神を遣わして、大国主神の命をお助けになった神皇産霊神を祀る神社です。
神皇産霊神は天地開闢(世界のはじまり)の造化三神の一柱でもあります。

歴史の古さもさることながら、見たかったのは推定樹齢1000年といわれるムクの巨木。

a0005083_5455777.jpg


大地からむき出しになった根が幾重にもからみ合い、そのまま幹になって大空に伸びていて、生命力に圧倒されました。
a0005083_547984.jpg

by funochan | 2013-06-12 06:15 | お出かけ | Comments(2)

出雲大社遷座祭

出雲大社平成の大遷宮もいよいよクライマックス。
昨日はご修造なった本殿へ神様がお移りになる遷座祭が斎行されました。

遷座祭が始まるのは午後7時
これは4時半ごろの神門通りです。
神門通り甦りの会手づくりの行燈が置かれています。
a0005083_14153462.jpg


参列されるみなさまのドレスコードは礼装です。
a0005083_14202867.jpg


雨に洗われた緑が美しい参道をくだっていきます。
a0005083_14154782.jpg


新しく生まれ変わったご本殿が威容を誇っています。
a0005083_14263823.jpg


この日、荒垣内に入れるのは奉拝証のある方のみ。
ワタシはここでセンムを見送って帰ります。
a0005083_14262041.jpg


竹内まりあさんのお父様。
a0005083_14164353.jpg


参列者の方が続々と。
a0005083_14171847.jpg

by funochan | 2013-05-11 14:41 | お出かけ | Comments(0)

奥出雲おろちループ

3月に松江自動車道が開通し、三次まで高速道路がつながりました。
それに合わせて、たたらば壱番地という道の駅ができて、なにやら美味しそうなものがたくさんあるようす。
一度は行ってみなければ・・・
ということで、とりあえず、備北丘陵公園をめざしてドライブ。

たたらば壱番地では、さんざん迷いましたがコレをチョイス。
a0005083_2332896.jpg

プリン好きにはたまりません。

松江道は開通してはじめての大型連休とあって、上りも下りもノロノロ運転。
それなら・・・と、おろちループを回って帰ることにしました。


a0005083_22512766.jpg



a0005083_22514756.jpg


おろちループは、国道314号線の坂根・三井野間(区間長2,360km、標高差105m)を7つの橋とトンネルを使い、二重ループ式で結ぶ道路です。ループ式の道路としては、日本一の規模を誇ります。ループ全体が二重にとぐろを巻く“ヤマタノオロチ”を連想させます。

来月あたり、この風景が某テレビ番組で見られるかも^m^
by funochan | 2013-05-04 23:28 | お出かけ | Comments(0)

アヴリル

今回の京都行きの目的は、まだ行ったことのなかった金閣寺と龍安寺。

a0005083_0285759.jpg


a0005083_0291988.jpg


a0005083_0292547.jpg




そして、時間が余ったので、念願のアヴリルにも行けました。

a0005083_0304788.jpg


a0005083_0305194.jpg


a0005083_031105.jpg


a0005083_0304094.jpg


アヴリルは、三条のレトロなビルの中にありました。
色とりどりの面白い毛糸がたくさんあって心ウキウキ。
つい、作るあてのない糸まで買ってしまいました。
シュシュのキットを5個も買ったので、いつかシュシュパーティーしたいな♪
by funochan | 2013-05-04 00:35 | お出かけ | Comments(0)