人生3回目の開頭手術

先日、人生3回目の開頭手術をする羽目になりました。
1回目は5年前のくも膜下出血のクリッピング手術のため。
2回目はクリッピング手術の1か月後に人工骨を入れるため。
なんと、今回は5年前に入れた人工骨が感染症を起こしてしまったのです。
眉の横の腫れが、感染症の症状が出ている部分です。


a0005083_16380890.jpg

原因は副鼻腔炎でした。
以下、「症状と治療方法の説明」より抜粋です。

副鼻腔炎の頭蓋進展の結果、過去のくも膜下出血後の人工形成頭蓋骨に、副鼻腔炎の感染及び炎症が波及し、人工物であるレジン製の人工頭蓋骨に細菌感染を生じていると考えられます。抗生剤治療で感染が制御されることを期待し、抗生剤の点滴投与で経過を見ました。副鼻腔炎自体はある程度抗生剤で制御されていると判断される一方で、人工物であるレジンに波及したと考えられる感染・炎症を制御できませんでした。人工物には血液が流れていないため、人工物になんらかの原因で細菌感染が生じると、人工物の一時的な除去を行わないと感染症が治らないのが、人工物の欠点です。このため、感染が周囲の正常組織に波及しないように、人工物を除去します。

a0005083_17160563.jpg


というわけで、今回は、①レジンを除去 ②前頭部の頭蓋を一度切り離して副鼻腔粘膜を除去処理し、前頭骨を再度形成 ③レジンで覆っていた欠損部をチタンで形成ーという手術を一度に行っていただきました。

実は、これは一般的な方法ではないとのこと。

レジン抜去の後は、一般的には、半年間ないしは1年間の間を空けて、細菌感染が十分に治まったと判断される時期にレジンではない材料を用いて頭蓋の再形成を行うのがスタンダードな方法だそうです。
半年、場合によっては1年間も、頭蓋骨が一部欠損した状態で退院するのですから、欠損部分を保護するために保護帽をかぶって生活しなければなりません。

今回、家庭の事情により、そんなことはしたくないと訴えた結果、前述の②③を一時的に行う方法を考えて提案してくださいました。
もし、経過が不良なら再度開頭してチタン製頭蓋を除去。半年後に再度チタンで頭蓋形成というリスクも抱えていましたが、5年前、私を生かしてくださったドクターにすべてを委ねることにしました。

結果、手術は成功し、経過も良好で、1か月の自宅療養を経て9月1日から仕事に復帰します。
私のわがままを聞き入れ、オリジナルな方法を考え、実施してくださった脳外科のA教授には感謝の気持ちでいっぱいです。


CT画像をご覧になりたいかたはこちら
# by funochan | 2016-08-31 11:26 | くも膜下出血 | Comments(2)

作品展ふたたび

a0005083_20514632.jpg
母が作りためてきた古布のパッチワークキルトやかばん、樹脂粘土の花の作品展を開催します。
日時 6月4日(土)5日(日)10時~17時
場所 オープンスペースichi
袋物やブローチなど、小物の販売も行います。
お近くの方はどうぞお出かけください。
# by funochan | 2016-05-22 20:55 | アトリエひなた | Comments(2)

母の日には紫陽花


母の日といえばまっさきに思い浮かぶのはカーネーションですが、カーネーションに飽きた母たちのために紫陽花やバラ、ランなどを選ぶ人も増えているとか。
そんな中、お勧めなのが万華鏡という名の紫陽花。

a0005083_21024620.jpg

万華鏡は、島根県農業技術センターが育成した島根県オリジナル品種。
中心の色から縁の白色に向かってグラデーションになっていて、万華鏡のように見えるのが特徴です。平成24年に、花き新品種コンテスト「ジャパンフラワーセレクション2012-2013」の鉢物部門で「フラワー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)」に輝きました。
25年・26年は出荷数が少なく、入手が困難でしたが、昨年あたりから市場にも出回りはじめています。
母の日は、ハハとイモウトと3人でランチが定番でしたが、今年はなかなかタイミングが合わず、イモウトは平日の休暇に二人でランチに行くことになり、ワタシは万華鏡を贈ることにしました。
といっても、一つ屋根の下にいるわけですから、自分のために買ったようなものですけど。

a0005083_21025568.jpg

ムスコが昨年の母の日にプレゼントしてくれたのが、幸福の木。
薬草×美活プロジェクトがなんとか成果を上げることができたのも、幸福の木のおかげだったかもしれません。
ところが、新年早々、仕事が忙しすぎて2カ月くらい水遣りもせずに放置。
3月になって、ハッと気が付いて土を見るとカラッカラに乾いていたので、あわてて水をやったのがいけませんでした。見る見るうちに葉が枯れてきたのです。近所の園芸店で見てもらったところ、急に水をやったためにびっくりしてしまったとのことでした。枯れた葉は容赦なく切り落とされ、こんな姿に。


a0005083_21030124.jpg


運がよければ、夏には新しい芽が出るから、週に1回、コップ1杯程度の水遣りをするように言われ、今のところなんとか忘れずに頑張っています。


a0005083_21033173.jpg

毎週、少しずつ、芽が成長しているような気がするのですが・・・。

# by funochan | 2016-05-07 22:13 | うれしい | Comments(4)

フレンチとイタリアン

4か月間、仕事漬けだった反動で、今月は堰を切ったようにお食事会を企画しました。

1回はいつもの3人でトロットセットへ。

冷たい前菜はたいていトロントセットサラダを選ぶのですが、今回は鴨にひかれてこちらを選びました。
a0005083_21331438.jpg


一見、お魚料理に見えますが、これは温かい前菜で、穴子ときのこのソテー。穴子と言えば白焼きかかば焼きか天ぷらの和食しか想像できなくて、どんな味付けなんだろうとワクワクして待っていました。
バルサミコソースの組み合わせが新鮮でした。
a0005083_21321624.jpg


お魚料理はタラのレモンソース。
白身のお魚にアスッコやスナップエンドウの緑が映えて、春らし色彩に感激のあまり、写真を撮るのを忘れていただいてしまいました。


お肉料理はマンガリッツァ豚のソテー。
聞いたこともない高級豚肉ももちろん美味しいのですが、トロントセットは付け合せの野菜も絶品です。
しかも色がほんとにキレイ。
a0005083_21333464.jpg


これだけ食べてもやっぱり注文せずにはいられないデザート。
春なので、イチゴのミルフィーユ。
a0005083_21334214.jpg



今月2回目は、3月1日にオープンしたばかりのイタリアン「鍛冶屋と料理
元々おじいちゃんが営んでいたという鍛冶屋を改装した隠れ家レストランです。
ドリンクはリンゴジュースやブドウジュース(写真左)やビール(写真右)やワイン(写真なし)。
残念ながらワタシはハンドルキーパーでした。
a0005083_21340217.jpg


真鯛とアスッコのサラダ
a0005083_21341314.jpg


揚げパンに生ハムがのっかってます。
a0005083_21342254.jpg


サルシッチャと金柑サラダ
a0005083_21343249.jpg


リゾット
a0005083_21343743.jpg


ピザが2種類
このピザを楽しみにしていましたが、期待を裏切らない美味しさでした。
a0005083_21345241.jpg

a0005083_21350444.jpg


こちらでは、デザート珈琲もコースの中に入っています。
ティラミス。
a0005083_21351229.jpg

今月は燃え尽き症候群で、ぼんやりしているうちにもう月末。
美味しいお料理と楽しいおしゃべりでエネルギーもチャージしたので、新年度に向けてそろそろ活動開始です。


# by funochan | 2016-03-25 22:40 | おいしい | Comments(4)

ビッグサイトの展示会が終わって、出雲に帰る日には、東京ドームで開催されていたテーブルウェア・フェスティバル2016に行きました。
下の記事で、食べるお守りを考案してくださった浅津先生は、ワタシのマクロビオティックの先生ですが、本業は陶器屋さんの奥様なので、連れって行ってくださったのです。
ノリタケや大倉陶園をはじめ、海外のブランドも出展しています。
テーブルウェァもさることながら、お花もそれぞれのコーディネートにマッチして、見応えがありました。

特集企画Ⅰ「Maison de Paris」

デズリエール
繊細なレースの模様にうっとり。
お花のカラーもワタシ好みで、一番お気に入りのショットです。
a0005083_22554596.jpg

デズリエール・ロールセリニャック・マリダージュ
a0005083_22515351.jpg
デズリエール・レイノー
繊細と大胆 甲乙つけがたいです。
a0005083_22510649.jpg


メゾン ドゥ ファミーユ
a0005083_22561582.jpg





マテュース

a0005083_23551230.jpg



マッケーンジーチャイルズ
a0005083_22570040.jpg




日本の器を訪ねて
和モダンを愉しむ~漆器と木工芸~
斐川のおかやさんもこんな大きなブースでご出展
a0005083_22584306.jpg


a0005083_22525140.jpg


おかやさんの裏側は大舘曲げわっぱ
a0005083_23015263.jpg


大倉陶園


至福のおもてなし 四季の花
a0005083_23153507.jpg


a0005083_22545069.jpg




エベイユ・ドゥ・ローズ ~バラの目覚め~


a0005083_00045562.jpg




a0005083_22542034.jpg



バラの実
a0005083_22475219.jpg



ブルーローズ
a0005083_21102514.jpg



春のおとずれ
a0005083_22470842.jpg



ノリタケ 


YOSHINO ヨシノ
a0005083_22490749.jpg



あやみなも
a0005083_22483795.jpg



a0005083_22573035.jpg


a0005083_22222734.jpg

# by funochan | 2016-03-13 23:40 | たのしい | Comments(4)

くも膜下出血から5年たちました。
入院中はもう仕事は無理かもと思ったこともありましたが、おかげさまで、3カ月で職場復帰することができました。当然のように迎えてくださった職場の皆様に感謝です。
発症したときは、まさか私が!?とびっくりでしたが、人生は本当に何が起こるかわからないものです。
あれから5年後の今年の2月は、東京ビッグサイトで開催された東京インターナショナル・ギフトショーに出展しました。

a0005083_21513673.jpg


東京ギフトショーと言っても、私たちのブースは、同時開催のfeelNIPPON春2016という、日本商工会議所が主催する共同展示商談会です。


a0005083_21521795.jpg

地域の資源を使った特産品作りに挑戦している商工会議所が40余り出展した一画に、こんなブースを設けました。
美肌グランプリ4連覇の出雲で、美肌効果があるといわれる「アカメガシワ」という薬草を使ったシリアルバーとクッキーをつくり、「美肌の国出雲から 食べるお守り」と名付けて売り出そうというのです。


私たちのこの取り組みが、日経トレンディネットに掲載されました。
地域の女子力を集結してヒット商品を開発~いずも薬草×美活プロジェクト
なんと、実名入りです。

# by funochan | 2016-03-05 22:25 | うれしい | Comments(5)

2016お正月

a0005083_12512936.gif


お花のセレクトショップbuisさんのアレンジで迎えたお正月。

2月末までの期限付きの仕事を抱えていて、
久しぶりにギリギリまで仕事に追われて慌ただしく迎えたお正月。
お花は自分で・・・と思っていたのですがそんな気持ちの余裕もなく・・・
でも、結果的にはこっちの方がよかったかな。

a0005083_12513440.gif


棒針編みの講師コースの課題のセーターも11月からストップしたまま。
棒針にはどうしても苦手意識があって・・・
袖付けの減らし目の段階なので、ふと仕事のことを考えたりすると間違えてしまいそうで、しばらくお預けです。

a0005083_12513967.gif


そんな中、お気入りのブログで紹介されていたかぎ針のスパイシーブランケットが編みたくなって。
今、こんなことに手を出してはいけないとしばらく封印していたのいたのですが、お正月休みで少し時間ができると編みたい気持ちを抑えきれず、家にあった毛糸で編み始めてしまいました。
本来は116段編んでブランケットになるのですが、私はもう5~6段編んでひざ掛けにする予定です。

以前の記事でご紹介したモニターツアーを、参加者の55aiaiさんがブログ「じぶん日記」で紹介してくださいました。
ぜひ、ご覧ください。
# by funochan | 2016-01-11 13:32 | ごあいさつ | Comments(4)

美肌日本一3連覇を成し遂げた島根県で、身体も心もデトックスしてキレイになりませんか?
出雲大社の参拝はもちろん、通常は入れない「八足門」内も特別にご案内します。
また、薬膳ランチに美人の湯(温泉)、リラックスヨガ、フェイシャルマッサージなどなど、日頃の疲れを癒して本当の美しさを取り戻すためのメニューが盛りだくさんです!
お申込みはイベントページ内のチラシをご参照ください。
※JR出雲市駅発着のツアーです。ご自宅からJR出雲市駅までの移動は別途ご負担となります。
※島根県外在住の女性が対象です。

a0005083_23341822.jpg


a0005083_23342955.jpg


【ここにしかない、心と体をキレイにする体験を1万円で】
清らかな水と自然に育まれたナチュラル和ハーブ(薬草)を取り入れるデトックスの旅。
観光旅行ではまわることのできないとっておきの神社や、美人の湯「湯の川温泉」宿泊、ヨガやマッサージ講座などの学びもあります。
空気、水、植物の力を出雲で取り込み、充電の1泊2日を楽しみませんか?
温泉旅館1泊、3食、出雲の思い出付。

12月5日(土)
◆10:15出雲市駅集合
・空気のキレイな朝山神社で参拝
・神西湖横の老舗名店「ひがしや」で昼食
・縁結びグッズ購入やグルメ 出雲大社神門通り散策
・古代高層神殿や荒神谷遺跡などを学ぶ古代出雲歴史博物館見学
・出雲大社の本殿に近づくチャンス 出雲大社「八足門」特別参拝
・神々が降り立つ場所 稲佐の浜の夕日参拝
・夜ヨガや温泉入浴! 日本美人の湯「湯の川」松園宿泊

12月6日(日)
・出雲大社と対になる、神在神事の最終地 万九千神社参拝
・ガスなし囲炉裏あり。古民家で楽しむそば打ち&ランチ古志古民家塾
・そばランチ
・美肌県グランプリ3年連続1位島根の フェイシャルマッサージ講座
・出雲のパワーをお持ち帰り パワーストーン作り(実費)
・地元民に愛される氏神さま 八雲神社参拝&高瀬川ねがいびな
◆17:00ごろ 解散
# by funochan | 2015-11-08 23:37 | たのしい | Comments(2)

実りのニット@くるみ市

イベント続きの怒涛の10月の最後を飾る、
山根由美先生と生徒たちのニット展「実りのニット@くるみ市」が無事に終了しました。

会場はくるみ市。
出雲市を中心にこだわりの食材を集めて販売している、食のセレクトショップ。
お店の横にぶどう棚のある温室があって、ライブやフリマの会場に貸し出ししています。

ニット展と言えばガーランド。
いい感じに枯れてきたブドウの葉っぱに鮮やかながーランドがマッチして好評でした。

a0005083_13411619.jpg


ブドウの葉の隙間から木漏れ日が差し込んで、いい感じ。

a0005083_13383062.jpg


山陰中央新報文化センターと自宅教室を合わせると生徒さんは20人ぐらいいらっしゃるでしょうか。
今回はヴォーグの課題のセーターやベストを出品しました。
同じ編図でも糸や手が異なるとこんなに表情が違うのだという見本。
a0005083_13384787.jpg


小物の販売もありました。
中には編みぐるみも。
私もいつか作りたいな~
a0005083_13385119.jpg


ニット展のために、課題のセーターをほうりなげて編んだバッグ。
かぎ針にはめずらしい立体的な模様とこの色が大好評で、苦労して頑張った甲斐がありました。
a0005083_13383534.jpg


生徒さんの中にはパン教室の先生をなさっている方がいらして、カフェコーナーのお菓子を作ってくださいました。
a0005083_1339233.jpg


お友達もたくさん来てくださいました。
中には「私も編み物しとったに~」という方もいて、「これを見たらまた編みたくなったわ~」と編み物熱に火が付いたようです。

なんだか家でチマチマやってる感じの編み物ですが、こうして陽の当たるところに出してやると、編み物談義も弾み、生徒さん同士、「こんな作家さんが好きなの」とか、「こんな毛糸があるのよ」とか、情報交換もできて、夢のように楽しい二日間でした。

次回は2年後?3年後?
来年は棒針の講師コースも終了する予定なので、次回までにはもっと自由に素敵な作品が編めるようになりたいものです。
# by funochan | 2015-11-03 14:21 | たのしい | Comments(2)

夕食の前に三浦さんが大森を案内してくださいました。

これは定番中の定番。
a0005083_21151816.jpg


ろうそくの家と呼ばれる交流スペース。電気も水道もひかれていません。
a0005083_21141910.jpg


本社へ通じるあぜ道。
a0005083_21142768.jpg


重厚な茅葺屋根。今はこの建物は社員の休憩や合宿所として使われています。
a0005083_21143571.jpg


さて、ここからは御夕食。
a0005083_21144048.jpg


のどぐろに
a0005083_2114444.jpg


野菜たっぷりのサラダ
a0005083_21132627.jpg


旬の岩ガキ
a0005083_21134924.jpg


ランチのような朝食
a0005083_2113564.jpg


a0005083_21135930.jpg


a0005083_2114245.jpg


a0005083_2114667.jpg


a0005083_21131375.jpg

# by funochan | 2015-06-18 21:22 | おいしい | Comments(4)